日常の雑学

健康の雑学

食べ物の雑学

動物の雑学

行事の雑学

違いの雑学

知らないほうが幸せだった雑学

食べ物の雑学

和牛と国産牛の違い

スーパーなどで生肉売り場に行くと、輸入牛肉以外に、和牛と国産牛という表示があります。和牛と国産牛は同じと考えている人が多いようですが、和牛と国産牛は別のものです。

和牛とは、日本の在来種をもとにして交配を繰り返し、改良されてきた食用牛です。日本では現在、黒毛和種、褐色和種、日本短各種、無角和種の4種類のみを、和牛と認定しています。和牛は、4種間で交配してできた交雑種と、その交雑種による純粋な交雑種だけをさします。これ以外の牛は、和牛とは呼ぶことが出来ません。

国産牛とは、輸入されてからも含め、3ヵ月間以上日本において飼育された牛は、国産牛といいます。生きた状態で輸入し、日本で3ヵ月飼育するとアメリカで生まれ育ったものでも、オーストラリアで生まれ育っても、国産牛という事が出来ます。国産牛は、日本で3ヵ月飼育されればいいので、日本で生まれても、海外で生まれても国産牛としてまとめられます。国産牛には、和牛も含まれますが、通常は和牛と表記されます。』の中に含まれますが、実は外国で生まれた牛でも国産牛と呼べる場合もあるんです

国産牛は日本で育った牛と考えている人が多く、上記の4種類によって交配された牛であれば、品種的に和牛なので、外国で飼育されていても和牛になります。ただ、外国育ちの和牛を、日本に輸して和牛であると表記する為には、和牛であることを証明する手続きが困難な為、和牛は日本で育てられている牛が一般的です。

Copyright (C) 雑学のすべて All Rights Reserved