日常の雑学

健康の雑学

食べ物の雑学

動物の雑学

行事の雑学

違いの雑学

知らないほうが幸せだった雑学

日常の雑学

葬式

怖い話に出てくる、幽霊の頭には、三角の白い布がついています。三角の白い布は、天冠といい、亡くなった人が着る死装束の一部です。死装束は、死者が冥土に旅立つ時の正装のようなものです。天冠をかぶる事で、閻魔大王に失礼にならないようにしているという説や、身分の高さを天冠で表現していたという説があります。

天冠は、死人の白い三角布だけを表すのではなく、お雛様の頭についている冠も天冠と言います。また、現在では葬式というと、黒のイメージが強く、喪服は黒を着用することが一般的です。

しかし、以前は喪服というと、白を着用する事が一般的でした。時代劇の切腹シーンを見てみると、切腹を行う人だけでなく、周りにいる人もみな白装束を着ています。古代の文献によると、喪服は白であると記録が残っていますが、平安時代に天皇の直系二親等以上の喪の時には、墨染めを着用すると定められ、黒の喪服が広まりました。しかし、白い布をわざわざ黒に染める事による経済的負担から、位の高い人には黒い喪服が浸透しましたが、庶民の間では、喪服は依然白が一般的でした。明治以降、欧米文化が入ってきたことから、くろい喪服が主流になっています。

一般に、告別式は友引の日を避けて行われます。これは、友をあの世に引かない為、と配慮された事が由来しています。しかし、大安や仏滅などを決めている六曜は、もともと仏教とは関係がなく、友引は、勝負事で友と引き分けになるという意味なので、告別式をさける必要は本来はありません。

天然水ウォーターサーバー

Copyright (C) 雑学のすべて All Rights Reserved