日常の雑学

健康の雑学

食べ物の雑学

動物の雑学

行事の雑学

違いの雑学

知らないほうが幸せだった雑学

知らないほうが幸せだった雑学

自殺

厚生労働省の調査の結果、1週間の平均自殺数を集計すると、月曜は男性が80.7人、女性が27.3人と、1週間で最も自殺者が多くなることが統計的に示されています。逆に、1週間のうち最も自殺者が少ないのは土曜日で、男性が53.5人、女性は21.2人となっています。この現象は、ブルーマンデー症候群と言われ、自殺に至らずとも、月曜の朝は熟睡することが出来ず、動悸や頭痛で会社に行くことが出来ないといった症状が出ます。

これは、一般的に週末に休みになる人が多く、仕事や学校で普段ストレスを溜めており、週末でリラックスしても週明けには憂鬱になってしまう為です。 うつ症状などと併発する人が多く、誰でも1度くらいは月曜が憂鬱であると感じた事があると思います。逆に、土曜日では、仕事や学校から解放されてストレスが低下して憂鬱な気持ちが軽減されていると考えられます。

自殺以外に、心筋梗塞や脳卒中、高血圧などの症状も、なぜか月曜日の朝が最も多く発生します。一般的に、生物には生存本能があり、なんとしても生き残ろうと行動します。一般的に、自殺をする生物は人以外に知られていません。

ただ、自殺に見える行動をとるものはいます。有名な動物では、レミングは数が増加すると集団自殺すると言われています。これは、一つの地域で、レミングの数が増えて餌がすくなくなると、新境地を求めて海や川に飛び込む行為が、自殺に見えるとされています。

人以外の動物でも、過度なストレスを与えられると、自傷行為にはしり結果として死亡してしまう事はあるようですが、死という概念を理解して、自殺を行うのは人だけで在るとされています。

Copyright (C) 雑学のすべて All Rights Reserved