日常の雑学

健康の雑学

食べ物の雑学

動物の雑学

行事の雑学

違いの雑学

知らないほうが幸せだった雑学

知らないほうが幸せだった雑学

ゆびきりげんまんの由来

指切りげんまん嘘ついたら針千本飲ます、指切った

子供の頃に、約束を破らずに行うために、小指と小指をからめてゆびきりげんまんをしたことが、1度はあるかと思います。しかし、「ゆびきりげんまん」って何の事でしょうか。

ゆびきりは、音の響きから指切であると、すぐに想像できます。 指切には、印鑑の代わりである拇印を表している説と、小指を切るという説があります。昔は、血判状として親指を切って、血を使って拇印を押していました。今でも、判子を押す代わりに、拇印を押す事がありますが、約束事や契約の成立を表しています。

また、小指をきるという説もあります。江戸時代の遊郭である吉原で、遊女が意中の男性に、誓いを建てる為に小指の先を切って送りつけるのが一時的に流行りました。爪や髪を切って送ることもあったそうですが、切っても生えてくる爪や髪と違い、左右で一対しかない小指を送ることで、誓いの強さを示していたとされます。

そして、げんまんは、漢字で書くと拳万になります。拳万とは、一万回のげんこつを表しており、ゆびきりげんまんは、約束を守らないと一万回殴るという意味になります。また、指切を遊女が使用していた指切とすると、げんまんは心中を意味し、心中の約束であるという説もあります。

ゆびきりげんまんは、約束を守らないと、ハリを飲むだけでなく、1万回殴られる事になるという意味と、約束を守らないで、一緒に死んでくれないと、恨んで出てくるという意味があり、約束したことは守らなくてはならない事が、よくわかります。

Copyright (C) 雑学のすべて All Rights Reserved