日常の雑学

健康の雑学

食べ物の雑学

動物の雑学

行事の雑学

違いの雑学

知らないほうが幸せだった雑学

行事の雑学

クリスマス

クリスマスと言えば、寝ている間にプレゼントを持ってきてくれるサンタクロースが有名です。サンタクロースと言えば、トナカイのソリに乗って、真っ赤な服をきたおじさんというイメージですが、サンタクロースが赤いというイメージを作ったのは、コカコーラ社です。コカコーラ社とは、世界的に有名な清涼飲料水のメーカーで、サンタクロースは昔からの言い伝えで赤い衣装をきていた訳ではありません。

コカコーラ社がクリスマスのキャンペーンを行うまでは、サンタクロースの衣装については、特に決まりはありませんでした。しかし、1931年のコカコーラのキャンペーンによって、赤い衣装が定着したのです。

もともと、サンタクロースは、聖ニコラウスという司教がモデルであった為、それまでは司教服姿のイメージが大きく、特に決まりはなかったので、北欧では、全身茶色の毛皮で覆われたサンタクロースもいました。

コカコーラ社の商品であるコーラは、冷たい炭酸飲料な為、冬に売り上げが落ちてしまっていました。その為、売上促進のキャンペーンの広告に、アメリカ人の画家が起用され、彼がコカコーラ社のシンボルカラーである赤を衣装に使用する事にした為、サンタクロースは、赤い衣装を着ることになったのです。このキャンペーンが成功し、人々はサンタクロースと言えば、赤であるとイメージするようになったのです。

また、サンタクロースのモデルである、聖ニコラウスのイメージを大切にし、ドイツ、オランダ、スイスでは聖ニコラウスの命日である、12月6日にサンタクロースがきます。

Copyright (C) 雑学のすべて All Rights Reserved