日常の雑学

健康の雑学

食べ物の雑学

動物の雑学

行事の雑学

違いの雑学

知らないほうが幸せだった雑学

違いの雑学

賞味期限と消費期限の違い

コンビニやスーパーなどで売られている食品には、必ず期限が書かれています。この期限には、賞味期限と消費期限の二種類がある事はしっているでしょうか。賞味期限と消費期限を同じ物と考えている人もいるかも知れませんが、賞味期限と消費期限は期限が異なります。では、どのようにことなるのでしょうか。

賞味期限と消費期限の二つの表記は、農林水産省公示の加工食品品質表示基準によって定義されています。 賞味期限とは、決められた方法によって保存した場合に、その食品に期待出来るすべての品質の保持が、十分に可能である期限をいいます。ただし、賞味期限を超えた場合であっても、これらの品質が保持されている可能性もあるとしています。つまり、正しい方法で保存していれば、その期間内は美味しく食べることができ、もしも、期間を過ぎてしまっても、食べることはできるという期限です。

では、消費期限とは、定められた方法で保存していた場合に、腐敗や変敗、その他の品質の劣化による安全性を損なわれることがないと認められる期限を示しています。つまり、正しい方法で保存していれば、期限までは安全に食べることができるというもので、逆に、その期限を過ぎると、安全に食べる事は難しいという事です。

賞味期限は、期限を過ぎ場合にすぐに食べられなくなるわけではありませんが、消費期限は、期限を過ぎたら食べない方が良いという事です。

Copyright (C) 雑学のすべて All Rights Reserved