日常の雑学

健康の雑学

食べ物の雑学

動物の雑学

行事の雑学

違いの雑学

知らないほうが幸せだった雑学

違いの雑学

自首と出頭の違い

ニュースで、事件の犯人が捕まった際に、犯人が出頭したという場合と、犯人が自首したという場合があります。この二つは、どのようにちがうのでしょうか。出頭は、警察が犯人を既に絞り込んでいて、指名手配をかけた後に、犯人が警察に出向く場合を言います。自首の場合は、警察が、容疑者を未だ特定できない状態のときに、犯人が警察に出向いてくる場合を言います。

この為、犯人が自首した場合は、裁判を行った場合に、情状酌量の対象となることになりますが、出頭した場合では、情状酌量などの恩恵はありません。 自首は刑法上においては、その刑を減軽することができるとしていますが、できるとされているだけで、減軽されるかどうかは裁判の判断にまかされ、自首しても情状酌量の余地がない場合があります。

刑事ドラマなどで、警察が犯人に自首を勧めるシーンがありますが、警察が犯人を特定しているので、この場合は自首ではなく本来は出頭という事になります。その為、犯人を説得することに成功しても、刑が減刑される事はありません。

また、自白は自分の秘密や犯した罪について、包み隠さずに話す事で、自供は犯罪部分について認めることです。罪を認めるのがで自白、犯罪時の状況などを説明するのが自供です。

自白しても自供しない人もおり、自供が行われないと犯罪において表に出ない部分が不明のままで、事件の全容が明らかにならない事があります。犯人が事件の全容を明らかに自供してくれると、警察はそれを裏付ける証拠を集めるだけでいいので、速やかな自供は減刑の対象になります。

Copyright (C) 雑学のすべて All Rights Reserved