日常の雑学

健康の雑学

食べ物の雑学

動物の雑学

行事の雑学

違いの雑学

知らないほうが幸せだった雑学

雑学のすべて

近年、テレビなどで雑学やうんちく、などをよく耳にします。そもそも、雑学とはどのような学問でしょうか。辞書では、雑学とは、雑多な物事にわたり広く考究すること、とされ雑駁な学問とされています。特に専門を定めず、幅広く種々の事柄を研究する事を、雑学とするようです。

また、似たような意味で、うんちくという言葉も使われます。本来うんちくは、学者など、ある分野に特化し専門的に知識をみにつけた人が、披露する知識ですが、最近は雑学とさして変わらない意味で使用されています。

世の中には、様々な学問があり、それぞれに学位というものがあり、学者にも様々な役職があります。この学位をともなう専門的な研究は、細く、狭く、掘り下げることに価値があります。もちろん、学者は幅広く知識を持っていますが、特化した専門分野を研究する事で、誰も知らない未知の事象や事柄を発見する事になります。雑学の場合、掘り下げて知識を得たり、研究する事はないようです。しかし、一般には知られていない知識を、幅広く浅く求めることに雑学は価値があるように思われます。

雑学は、一見その知識があっても、日常では何の役にも立たないという事が多いです。ただ、幅広い範囲に渡ったどうでもいい知識も、知識にかわりないので、多くの人は関心する事になります。 どのような知識でも、それを深く掘り上げるか、広く開拓していくかの違いはありますが、学ぶと言う姿勢がまず大切で、知識を探求する事に意味があります。ただ、役に立つ知識と、特に役に立つ訳ではない知識を持っているのでは、役に立つ知識を持っている方が褒められます。

世の中には、本当にたくさんの学問がありますが、雑学に関しては、雑記にわたるので、系統だてることが出来ず、今後も学問として発展する事は難しいでしょうが、人々に話題をあたえたり、時間を楽しく潰すという意味で、今後も発展していくと考えられます。

Copyright (C) 雑学のすべて All Rights Reserved